Saito Kinen Orchestra
サイトウ・キネン・オーケストラ

サイトウ・キネン・オーケストラは、日本の代表的な音楽学校である桐朋学園の創設者のひとりであり、偉大な教育者であった故齋藤秀雄教授の没後10年にあたる1984年9月、彼の弟子である指揮者の小澤征爾と秋山和慶の呼びかけにより、齋藤の教えを受け、現在では世界各地で活躍している音楽家100余名が日本に集まりコンサートを行なったのが基礎になっている。

1984

1984年 サイトウ・キネン・オーケストラの基礎となる齋藤秀雄メモリアルコンサートを東京と大阪で開催。世界最高水準に肩を並べる見事なアンサンブルと魂のこもった演奏が絶賛を博すとともに、ひとりの教育者の音楽への真摯な思いが残した遺産の大きさを改めて認識させた。

1987

1987年小澤征爾と秋山和慶のもと、サイトウ・キネン・オーケストラとして正式に第1回のヨーロッパ楽旅を行ない、ウィーン、ベルリン、ロンドン、パリ、フランクフルトで絶賛を博した。

1989

1989年第2回のヨーロッパ楽旅。フィリップス・クラシックスによって、ブラームスの交響曲第4番と武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」がレコーディングされた。

1990

1990年 小澤征爾の指揮によってザルツブルク・フェスティバルを始めとするヨーロッパ各地のフェスティバルにも招かれ、絶賛を博した。

1991

1991年 ロンドン、デュッセルドルフ、アムステルダム、ニューヨークの世界一周楽旅。カーネギーホールの101年目のシーズン・オープニング・ガラ・コンサートの出演者に選ばれ大好評を博した。

1992

恩師・齋藤秀雄生誕90年。本拠地を長野県松本市に定め "サイトウ・キネン・フェスティバル松本"(総監督:小澤征爾)がスタート。初挑戦のオペラは、ストラヴィンスキー「エディプス王」を上演。世界24ヵ国で放映。

1993

2回目のオペラはオネゲルの「火刑台上のジャンヌ・ダルク」。オーディションで選ばれた地元の子供達が、世界のトップ歌手たちに混じり大活躍。室内楽のサイトウ・キネン・アンサンブルでは、指揮者の秋山和慶と共演。

1994

フェスティバルの一環として、初の海外ツアーを実施(アテネ、ケルン、ザルツブルク)。恩師・齋藤秀雄没後20年の節目の年。演目に、ヴェルディ「レクイエム」を選んだ。

1995

ロストロポーヴィチをゲストに迎えるなど、ステージ数も10回と充実。オペラは初の3幕もの、ストラヴィンスキー「道楽者のなりゆき」。オーケストラは武満の曲を女優・遠野凪子と共演。

1996

フェスティバル5周年を記念し、郵政省から「ふるさと切手」が発行された。最愛の友・武満徹を喪った年。「マイ・ウェイ・オブ・ライフ」を演奏、また『武満徹メモリアル・コンサート』をスタートさせる。

1997

1年に1度だけの「七夕オーケストラ」が、初めて4月と8月の2度その姿を現した。4月の海外ツアーは5ヵ国を訪問、ウィ-ンのムジークフェラインでCD録音も実施。

1998

国立パリ・オペラ座とサイトウ・キネン・フェスティバル松本がプーランク生誕100周年を記念して、オペラ「カルメル会修道女の対話」を共同制作。日本の音楽史上画期的な出来事が実現。 '99年11月にはパリ・オペラ座で再演。

1999

ベルリオーズのオペラ「ファウストの劫罰」を、前年に引き続き、国立パリ・オペラ座と共同制作。国宝松本城の本丸庭園を会場に同演目を「特別野外オペラ」としても挑戦。

2000

バッハ没後250年にあたり、その宗教音楽家としての集大成曲「ロ短調ミサ」に取り組む。千人規模のアマチュア合唱団を交えた特別コンサートにも初挑戦。2回目の「冬の特別公演」に引き続き「アメリカ公演」も実施。

2001

フェスティバル10周年。2000年に引き続き1000人の合唱、地元の子供たちとハーレム少年合唱団とのジョイントコンサートなどを開催。オペラはヤナーチェクの「イェヌーファ」、室内楽ではブランデンブルグ全曲等演奏。

2002

オーケストラ・コンサートはベートーヴェン・シリーズ締めくくりの「第九」とロストロポーヴィチを迎えての2プログラムを実施。オペラはブリテンの「ピーター・グライムズ」をフィレンツェ歌劇場と共同制作。

2003

オペラはヴェルディ最後の作品で最高傑作と言われる喜歌劇「ファルスタッフ」を上演。オーケストラ・コンサートは、ブルックナーの「交響曲第7番」がメーンプログラム。その他、恒例となった1000人合唱、室内楽等。

2004

齋藤秀雄没後30年、SKO結成20年の節目の年。ヨーロッパツアー3回目として5月に6ヵ国を訪問。夏のフェスティバルは、ゲストコンダクターに大野和士を迎える。オペラはアルバン・ベルクの「ヴォツェック」を上演。