News
ニュース

松本市PARCOにてフェスティバル展開催中!

_DSC2858_small_credit.jpg

松本市の中心に建つPARCOの3Fにて、OMFフェスティバル展を開催しています!(入場無料) OMFのグッズの他、昨年のフェスティバルの模様を中心に30点以上の写真が展示されており、来週18日から開幕となるOMFの雰囲気を伝えています。
開催は27日(月)まで。お近くにお越しの際はぜひご来場ください!

_DSC2864_small_credit.jpg

マーカス・ロバーツ・トリオによる特別教育プログラム開催!

MarcusRobertsTrio-0831_small_credit.jpg

良い音楽に触れたら、必ず子どもは反応する」。この信念のもと、小澤総監督はフェスティバル設立の年から、地元の子どもたちを無料で招待し、オーケストラとオペラ公演を見せる取り組みを続けてきました。「生の音楽を聴いてもらいたい」「音楽の楽しさに触れてもらいたい」という思いは熱く、すでに33万人の子どもたちが、一流のアーティストによるナマの演奏を体感しています。
 今年は、毎年恒例の子どものための音楽会子どものためのオペラの教育プログラムが行われるほか、全盲の米国人ピアニスト マーカス・ロバーツが率いるジャズ・トリオ、マーカス・ロバーツ・トリオによる、障がいを持った子どもたちを対象に行う教育プログラム「子どものための音楽会 特別篇」が開催することとなりました! このプログラムに参加するのは、長野県内の特別支援学校(盲学校、ろう学校、養護学校)に通う子どもたち。合計200人余におよぶ子どもたちが、まつもと市民芸術館にあるオープンスタジオに集い、トリオによる生演奏に触れます。
 米国フロリダ州ジャクソンヴィル出身のロバーツ。5歳の時に失明し、12歳の時にピアノ教育を受けるまで、独学でピアノを学びました。全盲のピアニストが率いるジャズ・トリオは、子どもたちに何を伝えるのか。今から私たちも楽しみでなりません。


子どものための音楽会 特別篇

日時::8月31日(金) 11:00~
公演時間:約50分(予定) 
会場:まつもと市民芸術館オープンスタジオ(松本市深志3-10-1)
演奏:マーカス・ロバーツ・トリオ
演目:マーカス・ロバーツ・トリオによるパフォーマンス
   ディズニー映画音楽(未定) など

教育プログラムのため、一般の方のご入場はできません。

お城deハーモニー&ウェルカム・ストリート・ライブ 明日開催!

_0KU1628_small_credit.jpg

【お城deハーモニー&ウェルカム・ストリート・ライブ 明日開催!】
2018OMFを彩るオープンイベントのお城deハーモニーとウェルカム・ストリート・ライブが明日、松本市内で開催されます! 
どちらもフェスティバル恒例のイベントで、入場無料!お城deハーモニーでは、SK松本合唱団とSKF松本ジュニア合唱団の皆様が、定番の合唱曲から最近の楽曲まで晴れやかに歌います。
2018OMF第1回目のウェルカム・ストリート・ライブにご出演頂くのは、ジャズ・オーケストラ、ピアノソロ、木管アンサンブルの皆さん。松本駅前広場に楽しい時間が流れます。皆様のご来場をお待ちしております!

お城deハーモニー
8月11日(土) 10時30分~12時 国宝松本城二之丸御殿跡(雨天中止)

ウェルカム・ストリート・ライブ#1
8月11日(土) 16時~18時 松本駅前広場

_81N5815_small_credit.jpg

合同演奏会 指揮者発表!

_0KU5147_(C)大窪道治_small_trimmed.jpg

毎年、フェスティバルを華やかに彩る吹奏楽パレード・合同演奏会。フェスティバル誕生とともに始まり、続いてきたパレードと合同演奏会も、今年で27回目を迎えます。松本市内外の小・中学校、一般の吹奏楽クラブ等が松本市内を行進し、最後には松本城本丸庭園に集合。フェスティバルの指揮者とともに、合同演奏会を行います。
今年は、OMF室内楽勉強会~金管アンサンブル~の講師であり、発表会で指揮者を務める、元ボストン交響楽団/元ボストン・ポップスオーケストラ首席トランペット奏者のティモシー・モリソンが指揮を務めます。SKOでも活躍し、松本に深い愛着を持つモリソンは、2010年からOMF室内楽勉強会~金管アンサンブル~(2010年~2014年まではサイトウ・キネン室内楽勉強会ー金管アンサンブルー)の講師・指揮を務めており、フェスティバル開幕の日に行われる公演として、毎年、爽やかな金管の音色を届けて下さっています。また、今年はOMF室内楽勉強会~金管アンサンブル~出演メンバー10名も合同演奏会に奏者として参加が決定!  合計55団体(約2688名)の皆さんと、国宝松本城を背景に「信濃の国」などを演奏します。松本市の皆様が、毎年多くご参加頂くOMF恒例のオープンイベント。松本市内に鳴り響く吹奏楽を、ぜひ聴きに来てください。


2018OMF 吹奏楽パレード・合同演奏会 概要

【日程】      8月19日(日)
【参加団体】    合計55団体 (約2688名)
【街頭演奏】    9:10 ~ 松本駅前広場 他にて
【吹奏楽パレード】 9:30 ~ Mウイング前~松本城公園
【合同演奏会】   11:00 ~ 国宝松本城公園本丸庭園
【演奏曲目】   「星条旗よ永遠なれ」「信濃の国」
【指揮】     ティモシー・モリソン
※当日の交通規制についてはこちらをご確認ください。

_0KU3941_small_trimmed_credit.jpg

ふれあいコンサートI 今井 信子、原田 禎夫 追加出演決定!

2003-Mann-Harada-Imai_small_trimmed.jpg

 2018OMFの中で、最も注目度の高い公演の一つである「ふれあいコンサートI~ロバート・マン メモリアルコンサート」。過去13回に渡って松本に足を運び、若手の育成から室内楽の素晴らしい演奏、そして「語りと音楽」という独創的な公演を作り上げたロバート・マン氏を偲び、819日(日)ザ・ハーモニーホールで開催されます。
 本メモリアルコンサートに出演するのは、小澤総監督が情熱を注いで続けてきた、小澤征爾スイス国際アカデミーのメンバーたち20名。先月、彼らが演奏するベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番(弦楽合奏)に、マン氏と縁の深いSKOメンバー11名も参加することが発表されました。
 そして今回、この日限りしか見ることができない豪華メンバーが並ぶ中に、なんと、小澤征爾スイス国際アカデミーの講師であり、マン氏と数多く共演を重ねてきた世界的アーティストの今井信子(ヴィオラ)と原田禎夫(チェロ)も出演することが決定致しました!
 1961年、ジュリアード弦楽四重奏団の一員として、齋藤秀雄から桐朋学園のマスター・クラスの指導に招かれたマン氏。これがきっかけとなり、今井・原田は桐朋学園時代にマン氏から直接指導を受け、原田は東京クヮルテットを結成。また、松本でも数多く共演してきました。
 20名の小澤征爾スイス国際アカデミーのメンバー、11名のSKOメンバー、そして今井と原田という、総勢33名が演奏するのは、先日の小澤国際室内楽アカデミー奥志賀の演奏会で、小澤総監督が9ヵ月ぶりに指揮台に立ったベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16 ヘ長調 Op. 135 3楽章(弦楽合奏)。チケットはザ・ハーモニーホール窓口の他、各プレイガイドにて好評発売中です。ぜひお聞き逃しなく。

【写真】
サイトウ・キネン・フェスティバル松本(2003年) ふれあいコンサートI
ロバート・マン、渡辺實和子、今井信子、原田禎夫
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番 へ長調 Op.135